スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年初出漁

s-P4260039.jpg

春です。
冬に採集を全くやらないヤワな自分にとっては待ちに待った季節です(笑)
4月に入ったころから採集協力人Y田氏と「そろそろ魚捕りいかね?」みたいな話は出ていましたが、双方仕事や土日の予定が合わず、GW前半の4月26日、ようやく今年初の採集に行ってきました。
今回は自分の提案で、県南部でこの時期出るというホタルイカの採集と、ついでに同じく旬のシロウオの採集、さらに某地域である魚を狙います。ホタルイカとシロウオは勿論食用です。




4月25日(金)

この日は仕事が終わり次第Y田と合流し、一路県南の某漁港へかっ飛ばし、夜通しホタルイカを採集するという計画であったが、週中にY田に飲み会の予定が入ってしまい、ホタルイカ採集は半ば諦めていた。
しかし仕事が終わり、これから実家へ帰ろうとしていた夜11時頃、「飲み会終った」とのY田からの連絡が。
正直これから出発しても現地到着は3時近くなるだろうし、現地は混雑すると聞いていたので、まず場所が確保出来るかが心配だった。
しかし気象条件は非常に良好。無風な上に夜でも気温が10度もある。新月も近いし、これを逃したら次はあるのか?と考えたら行くしかねえだろと意見が一致(笑)。飲み会上がりのY田を拾い、実家で採集用具を車に積み、大急ぎで県南某漁港へ。
到着したら午前2時前。意外と速かった(爆)




第1ポイント

初めて来る漁港だったので、どこが良いポイントなのかも分からず、とりあえず漁港沿いの道を走っていると、ホタルイカ目的の一行と思われる路駐の車がかなりある。
訳も分からず走っていると堤防が途切れて港内が見え、いきなりズラッと並んだ投光器の光が目に飛び込んでくる。間違いなくホタルイカ捕りだ。人もかなりいる。
車を止めて漁港へ視察に行くと、投光器に照らされた海中は雪解け水のせいかささ濁り状態で、パッと見ホタルイカらしき姿は見られない。しかし玉網を操る人を見ていると、網の中で青く光るモノをポツポツ掬い上げている!
いわゆる「爆湧き」では無いようだが、捕れていることは確かなようだ。
しかし周囲の人は皆投光器を焚いている。自分たちはそんな機材は持っていない。
しかし来たからには何としても1匹は捕りたい。しばらく周囲を歩き、人が途切れた一角を見つける。
Y田が初心者オーラを出しながら隣のオッチャンに声をかけ、場所取り成功。非常に気さくなオッチャンで、長野から毎年来ていることや、イカの見つけ方とかを教えて貰う。
午前3時近く。海中を覗きながら待っていると、対岸で網を振るいだしている。オッチャン曰く「イカが回ってきた」と。
暫くの時間差があり、海中にユラッとイカの姿が。自分が玉網を準備している間、Y田が短いタモ網で1匹捕獲。おおーホントに光ってる!(当たり前)
イカの動きは思ったより緩慢で、掬うと網の中で光るので捕れたかどうか分かりやすい。
自分も長い玉網をセットし、イカを掬う。
伊豆遠征では全く魚を捕らえられていない(爆)長タモが、ここでようやく活躍できそうだ。
片方が網を操る間、片方が懐中電灯(Y田が持ってきた強力な奴)でイカを探し、捕るという戦法だ。意外と投光器の光も周囲に拡散しており、イカは問題なく見つけられた。
そして網の自重と水の抵抗で意外と体力を使う。途中でY田に交代。

s-P4260018.jpg

網を操るY田氏。

s-P4260032.jpg

ホタルイカは途切れることなく姿を現し、時々10数匹の群れもやってくる。時々一掬いで5~6匹入ることも。
4時頃までホタルイカは捕れ続け、もう何匹捕ったか分からない状況に。
ところが4時過ぎになるとイカの姿がパッタリ見えなくなる。どうやら大きな群れは去ってしまったらしい。ポツリポツリと姿を現すイカを掬い続け、夜明けとなりタイムアップ。結局「爆湧き」は見れなかったが、二人で食べる分は十分確保した。初ホタルイカ採集にしては上出来でしょう。



さて、久々に仕事上がりの徹夜であったので、眠気に負けて近くのコンビニに車を止め3時間程寝る。Y田はまだ若干前日の酒が残っている模様。すっかり日が昇ったところで再び車のハンドルを握り、次の目的地へ。




第2ポイント

場所は変わり某湧水地帯。午前10時半頃到着。1回の移動でこんなに移動したのは初めてな気がする(笑)
トミヨを捕りたいというY田のリクエストでもあったが、個人的には昨年ここで気になる魚が捕れていた。
トミヨの個体数は他の場所に比べ多く、他にはヤリタナゴやドジョウ、シマドジョウ、スナヤツメ等が混生し、水生植物も多く非常に良い環境だ。
今日は雪解け水の影響か水は濁っており、やや流れも速い。夏場のような生い茂った植物も無く、若干の不安がよぎる。しかし入水し網を入れてみると、1発目から良いサイズのトミヨが。

s-20140426tomiyo1.jpg

夏場より大型の個体が多く、婚姻色を出した雄や、抱卵個体が沢山居た。
ヤリタナゴもかなりいい色を出しており、思わずキープしたくなった程。

トミヨの方はあっさり良い個体が揃ったが、個人的に目的の魚は中々捕れない。
実は去年の夏に初めて捕って以降、リベンジを図ったこともあったのだが、その時は1匹も捕れなかった。
同所で見られる他の魚に比べ、確実に個体数は少ないと思われた。
濁った川を上流へ向かいつつ、30分ほど網を入れ続けただろうか。Y田が「あっ!!」と声を上げる。

s-P4260055.jpg

コイツが目的の魚である。

去年初めて捕まえた時は「なんだウキゴリか」と一瞬思った後、10秒ほど頭の中が???状態になっていたが、冷静に考えてジュズカケハゼであると自分の中で結論を出していた。
しかし当時捕れた個体が7センチ程と非常に大型であり、顔つきもウキゴリそのものであったから、今まで平地の湖沼等で捕えたことのあるジュズカケハゼとは全く異質なものに感じていた。

20070521jyuzu1.jpg

↑ちなみにこれが普通のジュズカケハゼ。新潟平野某所産。全く違う魚に見えるよね・・・

結局その時は、生息環境の違いに由来する外部形態の違いなんだろうと思っていたが、日淡会西村氏(いつもお世話になっています)に見て頂くと、「コシノハゼかもしれない」との回答を得た。
恥ずかしながらコシノハゼという名前を聞いたのはこれが初めてであり、従来「ジュズカケハゼ鳥海山周辺固有種」とされていた魚に対する新称だということだ。なぜかこの魚が新潟にいることになっているそうだが、その辺の経緯は文献を漁ってみないと分からない。とにかく、近年の日本産淡水魚の分類が改められまくっている中で、自分が時代に対応できていなかったということですね・・・。

・・・で、結局そのときはジュズなのかコシノなのか結論が出ず、採集した1個体も水槽内で行方不明になり、以降ずっとモヤモヤしていたのだ。
で、今回婚姻色の時期に合わせて採集を試みたところ、やはり捕れた個体には違和感がある。
Y田が捕った個体はやや若い個体であったが、やはりウキゴリみたいな顔つきをしているし、体格も全然違う。
その後自分とY田で合計4匹を確保。↓はY田が採集した産卵間際と思われる雌個体。

s-P4260050.jpg

鰭は黒々しているものの、ジュズカケハゼに見られるはずの黄色斑は皆無で、背鰭にも明瞭な黒斑は見られず。やっぱりこれはコシノハゼなのか??

今回採集した個体は家の水槽で療養中。かなりスレに弱いらしく肌荒れが見られるため、状態が上がってきたら写真を撮って報告したい。

さてこのポイントでの目的も果たしたところで、時間は午後1時近く。本日最後のポイント、シロウオ採集地へ向かう。




第3ポイント

s-P4260042.jpg

毎年この時期訪れる川。ここでシロウオを外したことがない。
川幅はいつもより狭くなっており、最近雨が降っていなかったためか水量も少ない。
しかし網を入れて上流側から砂利を蹴ると、あっという間に数匹のシロウオが捕れる。

s-P4260047.jpg

シロウオ捕りは初めてのY田も中々ハマってくれたようだ。
さくっと食べる分を確保して、他の魚も見て行こう。

s-20140426simaukigori2.jpg

シマウキゴリ。腹部の黄色が鮮やかです。これも産卵期ならでは。

s-20140426sumiukigori1.jpg

スミウキゴリ。ここではやや少数派。狙い通り流れの緩い場所で捕獲。

この他、サケの稚魚がまだ多数川に残っていた。
河口部から海に出ると、これから遡上しようかというシロウオの群れが見られた。イサザアミ類もポツポツ網に入ってきたので、これは飼育中の海水魚へのお土産に20匹ほど捕獲。

s-P4260044.jpg

本日の成果。いつもはかき揚げにして食べるためもっと量が必要だが、今日はこれくらいにしておこう。
というわけで本日の全行程終了。しかし移動したなー・・・





帰り道スーパーで食材を補填し、Y田のアパートに戻り獲物の調理開始。
↓今日の晩飯達

s-P4260081.jpg

ホウボウとカナガシラはホタルイカの漁港で捕獲。正確には漁船が捨ててフラフラ漂ってるのを掬った(爆)

s-P4260082.jpg

イカは合計83匹。意外といたな。
これを全てボイルイカにしていきますよ。

s-P4260085.jpg

濃いめの塩水で10匹ずつ茹でていきます。茹で始めに沸騰させると内臓が飛び出してくるので注意。1回やらかしました。
3分弱程茹でます。

s-P4260087.jpg

売ってるホタルイカとほぼ同等品の出来上がり。

s-P4260091.jpg

なんか違うイカ居た。ホタルイカモドキEnoploteuthis chuniiと思われる。

シロウオは今回は釜揚げにします。

s-P4260092.jpg

こちらも塩水で一気に茹でる。

s-P4260094.jpg

でかいシラス、って感じ。これだけでも美味い。
今回はこの2種を一つの料理にします。

s-P4260096.jpg

アサリ水煮、シロウオ釜揚げ、ボイルホタルイカ、水菜を、ホタルイカの茹で汁を加えながら炒めます。
適度に火が通ったら一端別の皿に上げ、茹でたパスタをフライパンに上げ、市販のボンゴレ風ソースを加えて絡める。

s-P4260098.jpg

パスタと具を盛り付け。
今日はこれで決まり。ホタルイカとシロウオのボンゴレ風パスタの完成です。(M○C○'sキッチン風に)

ホタルイカは茹でたてが滅茶苦茶旨い。スーパーとか飲み屋で食うのとまた別格ですね。
パスタにイカのミソを絡めて食べるのもまた旨い。
そしてシロウオもやはり旨い。これは汎用性高い食材ですな。
今回はシャレオツにパスタなんか作ってみましたが、次はもっと素材の味を生かせる料理にしてみたい。



とりあえずまだボイルイカがY田家に眠っています。






さて、例のハゼについてまた日淡会西村氏のお力を借りることに。「ジュズカケとコシノには比較し易い計数形質が無い」が、黒斑の有無や婚姻色の出方等、明らかにジュズカケと違うところからもコシノハゼで良いのではないかとのこと。西村氏も「よく見なくてもぜんぜん違う」との見解であった。

西村さん、同定協力頂き大変ありがとうございました。(m_ _m)


s-20140426jyuzu1.jpg


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。