スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キンギョハナダイ

s-kinngyohanadai1.jpg

キンギョハナダイ Pseudanthias squamipinnis (Peters, 1855)
スズキ目ハタ科ハナダイ亜科ナガハナダイ属

伊豆半島の某漁港で釣獲した個体です。
南日本の太平洋側では浅場で最もよく目にするハナダイと思われ、伊豆半島でも潮通しの良い漁港等でその姿を見ることが出来ます。
観賞魚としても一般的な本種ですが、生息海域によって体色パターンに差異が見られることは有名です。最近はインド洋産の個体が多く輸入されている様ですね。
近海産の個体は雄でも赤くなり過ぎず、橙色味を色濃く残すので明るく見え、個人的にはこちらの方が好きだったりします。
成魚の採集は釣りでも可能ですが、目が良く仕掛けを見破るので、かなり細い仕掛けでないと難しいです。
飼育はハナダイ類の中では容易な部類に入り、人工飼料にも比較的容易に餌付きます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。