スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年第二次伊豆遠征 2日目

11月19日(土)

 
 
朝4時に起床。まだ日も昇っておらず、宿の窓から外を見るも状況はよく分からない。
早々に準備をし、チェックアウトして外に出る。雨は降っていないが、風は昨日に増して強い。



第一ポイント

宿から程近い、昨日最後に釣ったポイントへ向かう。
堤防を歩いてみるが、風が強すぎて投げ釣りは厳しい状況だ。
風が収まることを祈りつつ、堤防付け根の風をしのげる場所を拠点とする。
Y田はトリックサビキ、自分は投げで釣り開始。
Y田の仕掛けは時々魚は釣れているが、いつもに比べると反応は鈍い模様。
自分は外海側に投げるのは難しいと判断し、内側へ向かって投げていたが、捨石が点在しサビくのが難しいため、結局外海側へ投げ始める。PEの道糸が風に流されることこの上ない。
それでも外海側へ投げていると、キスやハゼ類がちょいちょい釣れてくる。
そんな感じでしばらく一人で釣った後、Y田の元へ戻ると何やら大き目の魚を釣り上げていた。

s-20131019aobudai1.jpg

20センチ近いアオブダイ。食えそうなサイズだったので、食用魚のクーラーボックスへ。
この辺で釣れる奴がマメスナとか食溜めしてるとも思えないので、内臓以外は食べても大丈夫でしょう(自己責任)。

s-20131019kasago1.jpg

そしてこれは20センチオーバーのカサゴ。サビキにヒットしたのも凄いが、スーパーパニックの2号で無事に釣り上げたのも凄い。美味そうなので当然キープです。


朝9時くらいまで釣っていたが、風も収まらず魚種も伸びないので、早々に撤収。
御馴染みの西伊豆方面へ向かう。
途中で小河川に寄り、適当にテナガエビ類を採集(食用)
また別の場所でウェーダー履いて海に入ったりしつつ、午後1時くらいに何度も来ている場所へ到着。



第二ポイント


西伊豆某所。
伊豆に来たら必ず来る場所。高確率で初魚種が出るポイント。
朝の暴風が嘘のように無くなり、投げでも全く問題ない。
Y田は相変わらずトリックサビキ。自分も相変わらず投げで釣り開始。
今日は午後一杯使ってここで粘ると心に決める。
海中はメジナの群れが良く目立ち、いつもいるクロホシイシモチの大群が不思議と見られない。
というか、昨日から薄々感じてはいたが、死滅回遊魚の類が全くと言っていいほど見られないのだ。
事前に黒潮大蛇行の情報は得ていたものの、去年とこうも違うとは・・・
個人的な狙いはトロピカルフィッシュでは無いので、問題ないと言えば無いのだが、イロモノがいないとやっぱり盛り上がりに欠けるなあ。
そんな中でホンソメ2匹がやたら海中で目立ち、Y田はなんとかそいつを掛けようと奮闘している。
自分の投げ仕掛けにはトラギス、マダイ若魚、キスが交互に釣れるが、新たな魚種は中々でない。
2時間位経過した頃、変りダネでオキヒイラギが掛かる。水深20メートル位から上げたため生かせないと思ったが、意外なことにビクの中で復活。飼育できそうな状態に。迷わずキープ。
その後もポツポツとアタリはあるも、殆どがトラギスであった。
本当はダテハゼ系とか釣りたかったんだけど・・・
Y田も根気良くトリックサビキで釣っていたが、嫌と言うほどナガサキスズメを釣り上げ、ウンザリしていた。
そんな中で唯一彼が上げた新魚種がこれ。

s-20131019kobudai1.jpg

コブダイの若魚。実物は初めて見た。生息域は広い魚だが、いずれの海域でも個体数は多くないのかな。
この日のY田、食用向け(?)の魚に縁があるようです。

・・・で、結局日が落ちるまで釣っていたものの、飼育用としてキープできそうな奴は皆無。
今日は沼津まで戻らなくてはならない為、気分が晴れないまま、5時半には撤収した。

今回の伊豆、天気にも海況にも恵まれていない・・・
明日は最終日だが、一発逆転なるか・・・?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。