スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

採集行ってきました(新潟県内)

s-s-007.jpg

研究室をサボって(笑)大学の友人と丸1日採集に行ってきました。
目的魚種は期待薄ながらもカマG3、エゾウグイ。ほとんどポイント開拓に時間を費やしました。



まずは某河口でコケ取り用のイシマキガイを採集。
かなりの数を確認。恐らく県内最大規模のイシマキガイ産地ではなかろうか。
友人は新潟でこの貝が捕れることに驚いていました。
魚はアユカケ、マハゼ、カワヤツメを採集。
ヤツメはちょっと怪しいが、まあ河口に居たし多分カワヤツメでいいと思う。



その後はカマG3を求めて未だ足を踏み入れていない中・上流域を探索。
良さそうな支流を見つけては網を入れていきます。
ところがアユ、ウグイ、アブラハヤといった普通種ばかりで中々目ぼしい物が出ない。
そうこうするうちにいかにも魚が潜んでいそうなポイントを発見。

s-s-001s.jpg




魚影もそこそこ確認できます。
流れがちょっと速いけど、砂も溜まっているしカマツカが居てもおかしくない。
とりあえず友人と連携してサデ網に魚を追い込むと・・・





s-s-004.jpg

なんとカワムツが・・・!!
この水系で記録があることは知っていたが、こんなにあっさり捕れるとは。
ちなみに新潟では国内移入種です。歓迎されるものではありません。
ちなみにここでは短時間で3匹の成魚と若魚を確認。
普通に繁殖していらっしゃるようだ・・・
その後、バケツに入れておいたら雌が放卵しだした。

共存種はアブラハヤ、シマドジョウ、ドジョウ。
まあ上流に向かって良さそうな環境が続いているので、かなり上流の方まで行ってみたが・・・

s-s-005s.jpg

どの地点でもカワムツがいた。上流に向かうほど個体数は多いようだった。
写真のポイントは明らかにカワムツが優占種で、アブラハヤ、アユより多いほど。
こんなのが他の水系にも蔓延ったら多分ヤバいんじゃなかろうか。
特に生息環境が被るアブラハヤへの影響は大きそうです。

ちなみにこの場所ではシマドジョウ、ホトケドジョウ、シマヨシノボリ等も見られた。




その後は市街地まで引き返し、昼飯を食って、別の水系へ移動。
ezoeさんを求めてよさげな支流を探すも、なかなか立ち入れそうなポイントが無い。
上流域は川に入れるポイント探しが大変。アブも居るし・・・
だからこれまで詳しく調べていなかったんだけれど。
それでも数か所で網を入れたり、釣りで魚影を探ったりするも、アブラハヤやらヤマメばかり。

s-s-011.jpg

ウグイでも釣れれば少しはテンションが上がるんですが・・・
一体ezoeはどこにいるんだ?
おまけにカマツカも捕れず。ポイント探しが下手なんだな、きっと(苦笑)



そんな感じで日も傾き始めたので終了。まあ友人は楽しんでくれたようなので、次も連れて行きます(笑)

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。