マツバスズメダイ

s-20131020matubasuzumedai1.jpg

マツバスズメダイ Chromis fumeus (Tanaka, 1917)
スズキ目スズメダイ科スズメダイ属

伊豆半島の某漁港で釣獲した個体です。
一見、同属のスズメダイChromis notatusに似ていますが、本種の尾鰭の上下葉・背鰭、臀鰭にはかなり明瞭な黒色帯があるため識別可能。体色もスズメダイより黄褐色が強く、両者を並べると一目瞭然です。
両種が混群を成していることもありますが、基本的に本種は水深10~20M前後に生息するため、スズメダイのように水面下を大群で泳ぎまわる姿を見ることはありません。そのため成魚は船からの釣りで得られることが多いですが、陸っぱりでも水深のある場所で釣れることがあります。

s-131206matubasuzume1.jpg

飼育個体。スズメダイ類らしく飼育下では喧嘩っ早い印象で、近縁種との混泳は避けた方が○。スズメダイよりパステルチックな体色が上品で、興奮すると鰭の青みが強くなり、なかなか美しい魚です。
スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR