今年3度目の伊豆 2日目 前半

ハタタテダイに釣りで挑むも惜しくも捕獲できなかった昨日。
「釣るまで移動しない!」という意気込みで迎えた2日目。
朝4時頃目覚め、昨日の漁港へ車を走らせる。30分ちょっとで到着。
まだ夜も明けておらず、空は満点の星空が広がって、大自然を満喫する。
 
第1ポイント 
5時頃から釣りを開始する。
まだ夜が明けておらず、海中に小魚の姿は見当たらない。
ひとまずトリックサビキで釣り始める。夜行性の何かしらが釣れるかと思ったが、釣れたのはオオスジイシモチ、ミナミハタンポ、ゴンズイくらい。
6時半ころにはすっかり日が昇ったが、まだハタタテの姿は見えない。
Y田はというと、堤防先端の方で回遊魚を狙っているおっちゃんと談笑しながら割と良いサイズのムツやキントキダイ、ウミタナゴなどを釣っている。
7時頃、ようやく海中にソラスズメやチョウチョウウオが見え始める。そしてハタタテの姿も!
早速昨日挑んだ時と同じチカ針1号の仕掛けをセット。餌はオキアミを小さくちぎったもの。
ハタタテの近くに餌を落とす。やはり最初は餌への反応は鈍いが、仕掛けを投入し続けるうちに警戒心を解き、興味津々な様子で餌に近づいてくる。しかし針が小さいため、餌取りに集まってくる3センチくらいのソラスズメが簡単にハリ掛かりしてしまい、一向にハタタテが食らいつく気配はない。
その様子を見ていたY田も、手にしているトリックサビキを試しにハタタテの近くに落としてみると、普通にハリをつついている!
しかしトリックサビキではハリが大きいうえ(それでも2.5号とかだが)、簡単に餌だけ取られてしまう。
しかしトリックサビキのハタタテへの集魚効果は大きい。普通にコマセを投げ入れるだけでは、沈んでいく間に他の魚が大量に湧いてくるが、ハタタテ同士で集まっている近くにトリックサビキを落とせば、他の魚が集まりづらく、ハタタテだけを集めやすいのだ。
そこで、Y田にトリックサビキでハタタテを集めてもらい、その近くに自分が極小針仕掛けを投入するという作戦にでた。
最初はトリックサビキをつついているが、自分の仕掛けの方は針か糸を見抜いているのか、なかなか口にしようとしない。
そんな中でも警戒心が薄いヤツもいて、ついに自分の針を口にしだす個体が出始めた。
口に入れた瞬間を見計らって合わせる!・・・すっぽ抜ける。食い込みが浅い。
しかしハリに喰らいついてくることは確かだ。群れが散ったり、移動したりするたびにY田に魚を集めてもらいながら、地道にそんなことを繰り返す。
小一時間近くハタタテを狙っていただろうか。
1匹のハタタテが餌を口にする。普通なら食ったり吐きだしたりを繰り返すはずだが、この魚は餌をくわえたまま吐き出そうとしない。もしやと思い合わせると、水中で反転するハタタテが!掛かった!
バラさないように早急に水上へ釣り上げる。「ヨッシャ―!!」「キター!!」と思わず声を上げる(笑)。2人とも満面の笑みである。
釣り上げたハタタテは、針が刺さっているというより、口に「はまっている」という感じだった。食っても針掛かりしないのは、口が小さいうえに硬いため、極小のチカ針ではなかなか針が刺さらなかったのだろう。
何はともあれ1匹釣りあげることが出来た。ならばまだ釣れるだろうと、その後も同作戦で粘る。途中地元のオッチャンに「あいつを釣るならこれがいい」と食用のバイ貝を貰い、それでも試してみたが、食いつきはするもののハリ掛かりまで持って行けたのはオキアミだけだった。
結局、その後約1時間で計3匹のハタタテを釣ることが出来た。これはもう大収穫です(笑)。

s-036.jpg

釣ったハタタテ。モンツキハギとカミナリベラは昨日釣った個体。
ちなみにハタタテは良くツノダシと混群を作っており、個体数はむしろツノダシの方が圧倒的に多いのだが、こいつはどうやっても釣れない。というか餌に反応しない。捕ろうと思ったら潜るしかないのかな。


釣獲:ハタタテダイ、ニザダイ、ハコフグ、ソラスズメダイ、ヒメフエダイ、ゴンズイ、メジナ、ウミタナゴ、ミナミハタンポ、キントキダイ属の一種(未同定)、トウゴロウイワシ、ムツ、ネンブツ・ベラ系(おなじみの)等
目視:昨日と同じ


スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR