今年3度目の伊豆 1日目 後半

第3ポイント
南伊豆某所。
午前中にポイント探しに苦労してしまったため、すでに時間は正午を回っている。
漁港は入り江の奥にあり、人気も少なく非常に静かなところだ。
海の透明度もすこぶる良く、死滅回遊の類もちらほら見える。
釣りを開始しようと準備している間に、傍に置いていたタモ網の柄が海中に落下(泣)
まだ2回しか使ってないのに・・・
とりあえず釣りを開始するも、ここはクロホシイシモチとホンベラ、ササノハベラが大量に湧いており、なかなかこれといった種類が出ない。
それでもY田は時々ギンガメアジ、カスミアジ、トウゴロウイワシ、オヤビッチャなどを釣っている。
自分は初物としてはテンジクスズメダイをカウント。
ここはそんな感じで終了した。

釣獲:ギンガメアジ、カスミアジ、スズメダイ、テンジクスズメダイ、オヤビッチャ、ナガサキスズメダイ、クロホシイシモチ、オオスジイシモチ、ホンベラ、アカササノハベラ、ニシキベラ、トウゴロウイワシ、ヒガンフグ等
目視:チョウチョウウオ、チョウハン、ハタタテダイ等



第4ポイント
ここで先のポイント付近に流れ込む小河川に立ち寄る。
何気に淡水域での採集は結構久しぶりだ。
胴長を履いて川に入り、適当なところで網を入れて石を蹴るといきなりボウズハゼが2匹網に入る。
やはり新潟で採れない魚が採れると嬉しいものだ。
そしてエビが多い。網を入れるたびにミゾレヌマ、ヌマエビ南部群(?)、ヒラテテナガなどを容易く採集できた。
こうして短時間ながらも伊豆の川を堪能できた。

捕獲:ボウズハゼ、クロヨシノボリ、ミゾレヌマエビ、ヌマエビ南部群、ヒラテテナガエビ


 
第5ポイント
南伊豆某所。
比較的大きな湾になっており、そこに突きだしている堤防から釣りをすることにした。
海中をのぞくといきなりトゲチョウの姿が目に入る。
岸壁沿いに歩いていくとツノダシ、ハタタテ、アケボノチョウ等、死滅回遊の類がかなり多く見え、ヒレナガハギも初めて見ることが来た。トサカ類も多く付着しており、賑やかな様相だ。
こんなときに網があれば・・・(すでに先のポイントでタモの柄を海の藻屑にしてしまっている)
堤防の中ほどの場所を陣取り、トリックサビキで釣りを開始するも、やはり釣れるのはトロピカル系ではなくベラ軍団とネンブツ一族ばかり。足元にたくさんいるツノダシやチョウチョウウオは餌にまったく興味を示さない。

同じ場所で釣ってるのに飽きてきたので、岸壁沿いに歩いて海中を覗いていると、このポイントには比較的大きく成長したハタタテダイが数匹の小群でちらほらいることに気付いた。
ネットの情報で”ハタタテはうまくやれば釣れる”ということは知っていたが、これまでのポイントで見てきた個体は幼魚ばかりで、針掛かりしそうな大きさの個体を見つけることができないでいたため、この大きさなら釣れるかもと淡い期待を抱いた。

まずはトリックサビキの仕掛けを近くに落としてみる。当然ベラやらネンブツ、ソラスズメなどが大群で押し寄せてくるが、ハタタテも仕掛けを警戒しながらも餌に興味を示し、周囲にこぼれたアミエビを口にしている!
「釣り餌を口にする=釣れる可能性がある」ということだ。
これはいける!と確信し、その後も何度も餌を付け直しトリックサビキを投入するが、いかんせんベラやらネンブツやらが多すぎて、ハタタテが針をつつく前に他の魚が釣れてしまう。
これでは何度やってもダメだと思い、前回の遠征でハナハゼを釣った1本針のフカセ釣り方式で狙うことにした。
針はチカ針の1号。そのとき持ち合わせていた針の中で1番小さなものを採用した。
オキアミを出来るだけ小さくちぎって針付けし、ハタタテの小群が他の魚から離れたタイミングを狙って近くに仕掛けを落とし込む。
上手く餌がハタタテの視界に入ると、すーっと餌に近寄ってきて、餌を眺めて興味深々な様子。
そうして餌を付け替えて投入を繰り返していると、個体によっては餌をつつくものも出てきた。
しかし、身が柔らかいオキアミでは、ハタタテの突いて引っぺがすような捕食スタイルで簡単に餌だけ盗られてしまう。
何度も何度も餌を付け直し、ハタタテの群れが他の魚から離れたタイミングで仕掛けを投入しているうちに、ついにフッキングするものが出てきた。
・・・しかし釣り上げることができない。フッキングしてもしっかり口に針が入っていないせいかすぐ外れてしまうのだ。
定位置でトリックサビキで釣ってるY田もさすがに無理じゃねえのという顔をしている。
そんなことを繰り返すうちにいつの間にか夕暮れ。目視でアタリをとることが出来なくなってきたため、明日の朝また同じ場所でリベンジすることにした。

釣獲:テングハギ属の一種(未同定)、クロホシイシモチ、オオスジイシモチ、ネンブツダイ、ミナミハタンポ、トウゴロウイワシ、カワハギ、ホンベラ、ホシササノハベラ、ソラスズメダイ、スズメダイ等
目視:チョウチョウウオ、トゲチョウチョウオ、アケボノチョウチョウウオ、フウライチョウチョウウオ、ハタタテダイ、ツノダシ、ニザダイ、クロハギ、ヒレナガハギ、ホウライヒメジ、ヤガラ類、ハコフグ、ウミスズメ等

s-029.jpg

ヤガラ。アカヤガラだろうか。

s-030.jpg

ウミスズメ。釣ろうと思えば釣れただろうが、それよりハタタテダイを狙うのに必死だった(笑)
 
 

その後下田市街地まで戻り、日帰り温泉に入って、すき屋で牛丼を食べ、道の駅に車を止めて夜9時くらいには寝た。
さすがに仕事上がりで徹夜で運転して、1日移動と釣りを繰り返すとなかなかの疲労感である。
スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR