スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホウライヒメジ

s-20110813houraihimeji1.jpg

ホウライヒメジ Parupeneus ciliatus (Lacepède,1801 )
スズキ目ヒメジ科ウミヒゴイ属

伊豆半島の某漁港で釣獲した個体です。
伊豆では浅場の普通種で、網採集の他、トリック仕掛け等で釣ることも可能。
写真は緊張時の体色で、普段は茶褐色がベースのためやや地味な印象を受けます。
近似種にオキナヒメジがいますが、本種は尾柄部付近の黒斑が側線より下に達することで見分けられるとされます。ただし、本種は斑紋をよく変化させ、この黒斑がはっきり確認できない個体も多く、決定的な判断基準に成り得るかは疑わしいと感じます。
本種を含め、ヒメジ類の中でもウミヒゴイ属の魚は底棲魚というよりは遊泳魚と言えるくらいよく泳ぐため、エネルギー消費量が多く、飼育下では頻繁に餌を与えないとすぐに痩せてきます。
スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。