再び伊豆 覚え書き②

第5ポイント
先のポイントの隣に位置する比較的大きな漁港。
地形的に深い入り江状で波もなく静かな雰囲気だ。
前回遠征ではここでハナハゼを1匹だけ釣っており、今回もいるはずと思い訪れた。
前回と同じ場所に到着するが、今回は断続的に激しい雨が降ったせいか水面にゴミが浮いておりハナハゼの姿が見えない。
少し浅い場所に移動すると、こちらの方にハナハゼが数匹。
チョウチョウウオ類の幼魚や死滅回遊の類も複数うろうろしている。
水深も浅いため網で採れると思い岸壁採集用に用意した3メートルのタモ網で掬おうと試みるが、網を見るや否やすぐに深場に潜り込んでしまう。そうこうする内に牡蠣殻で完全に網を破いてしまい戦闘不能に。
今回は網による岸壁採集にはとことん運が無い模様。
しかし今後に向けて改善すべき点が見つかったのは良かった。次回の遠征までに対策を練る必要があるな。
その後は釣りをするも、ちょうど潮止まりの時間帯とあって、ハナハゼ含め小物の反応が微妙だった。
おまけにこのとき車中のキープ用バケツのエアレーションを稼働させ忘れ、車に戻るとキープしていた魚が全滅・・・・
これには堪えた・・・
釣獲:ホウライヒメジ、ホシハゼ、キュウセン、ホシササノハベラ、ホンベラ、クツワハゼ、カワハギ、クロホシイシモチ
目視:ハナハゼ、チョウチョウウオ、トゲチョウチョウウオ、フウライチョチョウウオ、アケボノチョウチョウウオ、コバンヒメジ、ニザダイ、クロハギ、サザナミハギ(?)、カミナリベラ、ニシキベラ、ソラスズメダイ、オヤビッチャ、ニジギンポ、ハオコゼ、クロサギ、ボラ類、他

第4ポイント再び
キープしていた魚を全滅させてしまったため、その分を取り返すべく今までで一番良かったと思われる第4ポイントに逆戻り。
時間帯的にも夕暮れが迫っており、魚の活性も上がってるはず。
Y田は気合を入れなおしてソラスズメやカゴカキダイ、イトヒキベラ等を取り返す。
自分は投げとトリックサビキ。トリックサビキでは前回遠征同様アカハタが掛かる。ここでは個体数は多いのかも。
サイズも15センチ弱で、綺麗で飼育してみたいが、こいつ専用の水槽が必要になるため断念。
投げでは相変わらずマダイの幼魚ばかり。どうせなら大きな奴でも釣れれば嬉しいんだが(爆)
そんな感じで日没まで釣って、ある程度の魚は取り戻した。

この日はこれにて釣りは終了。沼津まで1時間ちょっとかけて戻ってきて、スーパー銭湯で約2日ぶりの睡眠をとった。
スポンサーサイト

再び伊豆 覚え書き

注:デジカメを忘れたため写真はありません(爆)

3連休を利用して約1か月ぶり今年2度目の伊豆へ。
今回は大学の友人Y田も同伴です。
金曜夜に仕事終わってから夜通し運転して4時間ちょっとで静岡入り。
沼津の釣具屋で物資調達してさらに西伊豆を南下します。

朝4時頃第一目的地に到着。
まだ暗い中ひとまず網で岸壁を漁ってみますがでかいヤドカリとウミシダが採れたくらいで目ぼしいものが採れない。
明るくなってきたところで釣りの準備を開始するも、そうこうしてるうちにスコールみたいな雨に打たれ一時車に撤収。
天気予報でも雨が降るとは言っていたが、いきなりの豪雨にやる気半減(爆)
15分ほどで雨が弱くなり、再び釣り開始。
まずは定番トリックサビキ。トロピカルな魚を期待するも、やはり釣れるのはネンブツ一族(クロホシイシモチ)
伊豆は初めてというY田もこいつを数匹釣ったあたりで伊豆の小物釣りの厳しさを感じはじめる。
たまに違うのが釣れても、マダイの幼魚やイシダイくらいだ。
日が昇り明るくなってくると、たくさん集まっているマダイとイシダイの群れの中にツノダシが数匹。
それを狙ってみるも仕掛けを警戒されまったく釣れる気配がない。まあ予想通りの反応(笑)
1時間ちょっと釣りをしてみたが、初物はY田が釣ったヨスジフエダイ1匹のみ。
まあ1匹でもトロピカル系が釣れたので良しとしよう。
ここはこれ以上期待できないと見切りをつけ、撤収。
最後に水面でぼけーっとしてるアオリイカを網で掬って終了。
釣獲:ヨスジフエダイ、クロホシイシモチ、オオスジイシモチ、マダイ、イシダイ、アカササノハベラ、アオリイカ
目視:ツノダシ、オヤビッチャ、ソラスズメダイ、ハコフグ、他

第2ポイント
比較的大きな入り江状の地形で、海岸線に沿って護岸が入っている漁港。
海中をのぞくとソラスズメの大群の他、ツノダシやハタタテダイ、ニザダイ系の幼魚がちらほら見られ、魚種は豊富。
網で応戦してみる。ツノダシはさすがに無理と判断しハタタテやニザダイ系を狙ってみるが、あっさりかわされる。
結局採れたのはアミメハギとニジギンポのみ。岸壁採集の難しさを実感。
その後はトリックサビキで小物釣りをする。
Y田は初めて見るソラスズメの目覚めるような青に感銘を受けたらしく、地道にそいつらを釣っていた。
自分はというとむしろその群れに交じっている5センチくらいのノーマルのスズメダイ(Chromis notata)を釣りたかったのだが、不思議と反応なし。水槽に入れるにはなかなかいい大きさだったのに・・・
ここではソラスズメを5匹ほど釣ったところで限界を感じ、終了。
しかしトロピカル系が数多く目視できただけでもテンションは上がった。
捕獲:アミメハギ、ニジギンポ
釣獲:クロホシイシモチ、ソラスズメダイ、カゴカキダイ、カワハギ
目視:ツノダシ、ハタタテダイ、ニザダイ、クロハギ、コバンヒメジ、スズメダイ、ホンソメワケベラ、他

第3ポイント
良くある感じの中規模漁港。
とりあえず釣りやすそうだったので堤防先端あたりで仕掛けを出してみる。
Y田はトリックサビキ、自分は投げ釣りで魚を狙う。
Y田はイシダイやベラ類の中から大きなハコフグを釣って歓喜している。
裏で釣っていたおっちゃんが「そりゃキタマクラだ。毒あるぞ」とか言っていたが華麗にスルー(笑)
その後に本物のキタマクラは釣る。特に嬉しくはない(爆)
投げ釣りではマダイ幼魚が多数。たまに違うのが釣れてもトビヌメリ、コウライトラギスくらい。
ヒメジとか小奇麗なハゼ系は釣れんのか・・・・
釣獲:クロホシイシモチ、マダイ、イシダイ、ホンベラ、キュウセン、アカササノハベラ、ホシササノハベラ、オハグロベラ、ニシキベラ、コウライトラギス、カゴカキダイ、トビヌメリ、カワハギ、キタマクラ、ハコフグ
目視:ツノダシ、チョウチョウウオ

第4ポイント
前回の伊豆遠征の時も来たポイント。
漁港の規模は大きく、水深もあり潮通しも良い。
漁協前の岸壁からトリックサビキと投げ釣りをする。
海中にはソラスズメの大群がとにかく目立つ。カワハギやらイシダイも餌を待ち構えてうろうろしている。
前回来たときはキンギョハナダイも見えたのだが、今回は姿が見えない。
トリックサビキではソラスズメやカワハギ、イシダイが簡単に釣れるが、この場所の特筆すべきポイントはイトヒキベラがとにかくよく釣れることだ。
最初のうちは低層で釣れていたが、コマセが効いてくると水面近くまで上がってきて見釣りできる。
釣ろうと思えばいくらでも釣れてくるが、他のポイントでは単発で釣れる程度なので、余程イトヒキベラにとって居心地が良い場所なのだろう。
他はヒメフエダイの幼魚、投げ釣りでヒメジ(ただし普通のヤツ)が釣れたくらいで、個人的にこれは!という魚は出なかった。
釣獲:クロホシイシモチ、マダイ、イシダイ、ヒメフエダイ、ソラスズメダイ、ナガサキスズメダイ、イトヒキベラ、アカササノハベラ、オハグロベラ、ホンベラ、ヒメジ、カワハギ
目視:オヤビッチャ、ハコフグ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR