イトヒキベラ

s-20110813itohikibera2.jpg

イトヒキベラ  Cirrhilabrus temminckii Bleeker,1853
スズキ目ベラ科イトヒキベラ属

伊豆半島の某漁港で釣獲した個体です。
近年アクアリウムフィッシュとして様々な種類が流通するようになったイトヒキベラ類の中で、最も温帯域に適応しているのが本種です。
伊豆半島では普通種ですが、採集しやすい場所となるとどこでも良いというわけではないようです。
潮通しの良い水深7~8メートル以上の岩礁メインの漁港等で数多くみられ、いる場所ではトリックサビキなどで簡単に釣れます。幼魚は手網でも採集できるようですが、浅い所にはあまり出てこないためやや難しいと思われます。

s-20110827itohikibera1.jpg

飼育中の若い雄。我が家では雌雄1匹ずつ飼育しています。雄同士では激しく争い、雄は同じくらいの体格の雌でも執拗に追い回す傾向があるため、広い水槽でもなければ単独飼育か、ペア飼育したい場合は雌雄の体格差を大きくするといった対策が必要。
基本的には餌食いも良く丈夫な魚で、飼育者によく慣れます。それでいてシックな美しさで、個人的にかなり好きな魚です。
温帯種ということで、近海モノに強いショップ以外ではほとんど流通しませんが、採集は難しくないので是非とも飼育してもらいたい魚のひとつです。
スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR