スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海水水槽

s-IMG_2266.jpg
 
 
というわけで立ち上げ後約2週間が経過した海水水槽。
これまで砂と水作と魚しか入っていなかった訳ですが、本日ライブロックやらクリーナー達を投入して大分賑やかになりました。
本日はこの水槽について紹介したいと思います。
 
 
テーマは「近海風マイナー系海水水槽」です。
管理人の偏った趣味嗜好を前面に押し出しています(笑)
要は巷でよく見かける熱帯のサンゴ礁を再現した華やかなリーフタンクではなく、日本近海の寒々しい(?)海中を再現出来たら良いなと。
パウダーサンゴではなく大磯とサンゴ砂を混合したものを敷いたのもそれを狙っています。
タンクメイトも日本近海に生息する種のみでいくつもりです。ただしヤッコやチョウといった磯採集できる死滅回遊系は除きます。
要は一般的な商業ルートに乗りづらい温帯性のマイナー種。
よって理想的なのは自分で採集できる種類ということになるのですが・・・
 
 
とかなんとか理想を述べてきましたが、既にこのライブロックは近海モノではありません(爆)
八重山漁協が生産している養殖ライブロックです。ここで購入しました。
天然のものより値段は張りますが、鮮度の良さと起伏に富んだ形状、石灰藻の付着度等は申し分ないです。
近年はライブロック採集による環境破壊も問題視されていますが、養殖モノがもっと多く流通するようになればそういった問題を助長することも無いでしょう。
 
 
ちなみに現在のタンクメイトは、
オオスジイシモチ
コスジイシモチ
ホウライヒメジ
イトヒキベラ×2(♂♀)
ハナハゼ
ホシハゼ
ミスジスズメダイ(リュウキュウではない方)
の8匹です。
ミスジスズメ以外は全て伊豆半島で採集した個体です。
ミスジスズメはライブロックと同じお店でついでに購入。本種は伊豆では死滅回遊魚として毎年見られるようですが、生息深度が深いので自家採集するのは難しい魚でしょう。
現状では近海の普通種しか入っていませんが、今年中にもう一回くらい伊豆に行ってマイナー種を仕留めてきたいところ。
スポンサーサイト

水槽近況

今日は室内メイン水槽のシステムを色々と増強しました。

s-IMG_1948.jpg


ちなみにこのメイン水槽というのが、私が高校1年のころから衰退を繰り返しつつも存続している水槽です。
立ち上げ以来、某A●Aが作っているような水草水槽を国産種だけで作る、というのを目標にやっていましたが、資金的な問題で育成環境が整わないのと、学生時代まともに家に帰らず管理ができなくてすぐ崩壊するのとで(笑)、なかなか満足のいく状態には至りませんでした。

最近は職場も近く残業もまだないので、帰宅後に水槽にかまっていられる時間があるため、割と良好な状態を保てています。
今日は来る夏に備えてクーラー設置と、それに伴ってフィルターシステムを一新しました。

s-IMG_1949.jpg

クーラーはレイシーLX-110GX、フィルターはEHEIMプロフェッショナル3 2075です。
以前はEHEIM2215とテトラのEX-90を併用していましたが、クーラー設置に伴って1系統化しました。
ちなみにどちらも初めてのボーナスで購入(笑)
ただしクーラーはオクで3万円で入手したので、合わせても5万かかっていません。
ちなみにこのクーラー、前オーナーが海水で使っていたようで、熱交換器を洗浄するのが大変だった^^;
水温は23度設定で行く予定。

s-IMG_1950.jpg

さて、濾過を一本化したものの、配管に排水システムやらCO2直添器やらを付けていったら、えらく煩雑な感じになってしまった。
さらに60㎝水槽には2075の流量はちょっと大きいので、排水側に分岐を設けたため余計にごっちゃに(汗)
掃除のときバラすのに苦労しそうです。
ちなみに、CO2直添器→シャワーパイプ(水中設置)と、リリィパイプの2ルートに分流させています。
こんな感じですが、今のところ問題なく機能しているようです。 
 
  
 
以下、現在維持している水草達をご紹介(笑)

s-IMG_1960.jpg

手前からイボクサ(新潟県中越地方産)、ミズトラノオ(チャーム産)、ハタベカンガレイ(らしきもの・新潟県下越地方産)
ミズトラノオは水上葉で導入しましたが、なかなか調子は良好です。

s-IMG_1966.jpg

ハタベカンガレイ(らしきもの)。2週間前くらいから急激に調子を落としていましたが、水を替えまくっていたらいつの間にか復活。新しい葉を出しまくってます。おそらく水温上昇にやられていたんでしょう。

s-IMG_1955.jpg

ミズユキノシタ(新潟県上越地方産)。今のところこの草が一番良く育っています。半月で倍近くになりました。
赤い草も華があっていいですね。

s-IMG_1954.jpg

シソクサ、ホソバノウナギツカミ(両チャーム産)、ミクリ属の一種(新潟県下越地方産)
シソクサもウナギツカミも新芽を出してきていますが、うちの底床(田砂)では本調子ではない模様。
ミクリ属の一種(ナガエミクリかな?)は水替えまくって低水温維持していたらようやくランナーだす様になってきた。
バリスネリアとは違うこのライトグリーンがすごく好みです。
 
あ、魚はシマドジョウくらいしか入っていないです(爆)

s-IMG_1968.jpg

クーラーも設置したし、この夏は安泰ですかね。
節電節電と叫ばれる中でまったく何考えてるんだと自分でも思います^^;
次はメタハラ導入か・・・(爆)




検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。